Kingston NV1-E SSD M.2 2280 NVMe PCIe 3.0×4レビュー




デスクトップPCを自作するにあたって、KingstonのNV1-E SSD 1TBを購入しました。実際に使ってみて、性能も良く動作も安定しています。比較的安価でコストパフォーマンスに優れる製品だと思います。

このページでは、KingstonのNV1-E SSDについて、仕様やベンチマーク、実際に使ってみた感想・レビューをご紹介します。



本体の確認


Kingston NV1-EはM.2タイプのSSDで、type 2280の一番スタンダードな製品です。

本体の表面には基盤が取り付けられていて、その上からシールが貼られています。このシールははがすことが可能ですが、いったんはがしてしまうと保証の対象外となってしまうので気を付けましょう。




裏面には基盤はありません。ヒートシンクを付ける場合に、金具で留めるタイプのものを使用しても大丈夫です。実際、筆者もこのSSDにヒートシンクを付けて金具で留めて使用していますが、全く問題なく使うことができています。







製品の仕様


Kingston NV1-Eには500GB / 1TB / 2TBの3種類の容量がラインナップされています。いずれもM.2で3年間の保証となっています。

価格は1TBの容量で約10,000円程度、2TBだと20,000円くらいとなっています。500GBだと5,800円くらいなので手頃な価格だと思います。

シーケンシャル読み取り/書き込み速度は2,100/1,700MB/秒となっています。実際に仕様書通りの速度が出るかどうかを試してみました。





ベンチマーク


実際にCrystalDiskMarkでアクセス速度を計測してみました。結果は下のようになります。仕様書の通りの数値が無事出ました。十分に高速な数値です。






実際に使用した感想


現在、このKingston NV1-E SSDをASRock DeskMini H470という小型の自作PCに搭載して実際に使っています。


ASRock DeskMini H470にKingston NV1-E SSDを取り付けたところ。SSDにはヒートシンクを付けている。


このSSDを使う前は、SATA接続のSSDを使っていたのですが、アクセス速度が約3~4倍になって、とても快適に使えています。

特に、USBメモリからファイルをコピーするときに、コピー完了までの時間が全然違います。このKingston NV1-E SSDのほうが断然速い!私はよく1GB以上の大きなファイルをUSBメモリからコピーするのですが、以前と比べて作業が早く終わってとてもうれしいです。

このSSDにはOSをインストールして使っています。使い始めて2か月ほど経ちますが、非常に軽快で動作も安定していてとても良いです。


まとめ


今回実際にKingston NV1-E SSDを購入してみて、とても性能が良くて快適に使えています。価格も手頃なのでコストパフォーマンスに優れたSSDです。しっかりと快適に使えるのではないかと思います。有名なメーカーの製品なので安心して使えるのもうれしいですね。


 Kingston M.2 NVMe PCIe 3.0×4




このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事 

1.ASRock DeskMini H470の組み立て方[前編] CPU、ファン、メモリ編
2.ASRock DeskMini H470の組み立て方[後編] SSDとWi-Fiモジュール、そして完成
3.CPUやクーラーなどDeskMini H470に使ったパーツ
4.Core i5-10400のベンチマークとレビュー


▲ このページの上部へ戻る