ロリポップでPHPを実行しバージョンごとの速度や使いやすさを調べてみた


レンタルサーバーのロリポップでは複数のバージョンのPHPを利用することができます。今回は、実際にPHPのプログラムを使用して、ロリポップサーバーでの実行速度をPHPのバージョンを変えて計測してみました。




PHPのバージョン


現在ロリポップで使えるPHPのバージョンは以下のようになっています。



PHPのバージョン:5.2 / 5.3 / 5.4 / 5.5 / 5.6 / 7.1

新規・移行で利用可能なのは、5.6と7.1のみ



現在主に利用できるのは5.6と7.1のみになります。新規に契約したり新たにドメインを追加した場合、さらにPHPのバージョンを変更する場合にはPHP 5.6と7.1のみ利用することが可能です。


PHP 5.2 / 5.3 / 5.4 / 5.5についてはすでにPHP本家でのサポートが終了しているため、以前からこれらのバージョンで使い続けていた方のみ利用することができます。引き続き利用することが可能になっていますが、いつロリポップでの利用が終了するかはわからないので、なるべく早めに移行作業をしておいた方が安心でしょう。


また、現在PHP5.2、PHP5.3、PHP5.4、PHP5.5を利用している場合、バージョンを変更すると、元のバージョンへ戻すことはできません。バージョンを変更する場合は慎重に行いましょう。


バージョンの設定や変更は管理画面から簡単にできます。「サーバーの管理・設定」→「PHP設定」を選択すると、以下のような登録ドメイン一覧が表示され、PHPのバージョンを変更することが可能です。php.iniの設定については、このページの一番最後で紹介しています。














契約プランによるPHPの違い


ロリポップでは契約プランによって、使えるPHPの種類が異なります。契約プランと使えるPHPの種類の対応は以下の表のようになっています。


PHP  エコノミー ライト スタンダード エンタープライズ 
CGI版  〇
モジュール版  - -  〇


CGI版のPHPは全プランで利用することが可能ですが、高速に動作するモジュール版PHPはスタンダードプランとエンタープライズプランでしか利用することができません。


ロリポップにPHPのCGI版とモジュール版の仕様について記載がありましたので、以下に掲載します。PHPで動作するプログラムを利用したり、WordPressやデータベースを利用することを考えているのであれば、高速動作が可能なモジュール版を使用できるスタンダードプラン以上がおすすめです。











PHPの実行速度


今回、ロリポップのライトプランとスタンダードプランで、各PHPのバージョンごとに実行速度を計測してみました。その結果を以下に示します。


契約プラン PHP5.6
(CGI)
PHP5.6
(モジュール版) 
PHP7.1 
(CGI)
PHP7.1
(モジュール版) 
ライト 23ms  - 11ms  -
スタンダード 16ms 14ms 6.5ms 6.1ms


実際にPHPのプログラムを準備し、以下のような方法で実行速度の計測を行いました。

  
検証に用いたプログラムの実行内容

1.50万回の乱数を発生するのに要する時間を計測
2.1を10回繰り返し、その平均時間を算出



乱数を発生させるという基本的なプログラムで実行速度に違いが出るかなと思ったのですが、どちらのプランでもPHP5.6よりもPHP7.1の方が2倍以上高速でした。


そして、同じバージョンのPHPを使用しても、ライトプランよりもスタンダードプランの方が高速であるという結果が得られました。


今回の結果では、スタンダードプランのPHP7.1 CGI版とモジュール版とで、速度に大きな差はありませんでした。計測に用いたプログラムが乱数の発生という単純なプログラムだったのが理由かもしれません。


しかし、WordPressでホームページを構築し、サイトへの同時アクセス数を多くした場合には、モジュール版のPHPの方が約7倍高速化されたという報告があります。WordPressのようにPHPプログラムとデータベースを利用するような場合には、モジュール版の高速性能がサイトの表示速度に効いてくると考えられます。


実際、WordPressを使ってサイトを構築している方は多いと思います。WordPressはPHPで動いていますので、PHPが高速に動作する方がページが表示されるまでの時間が短くなり、サイトを快適に閲覧することができるようになります。サイトの離脱者が増えることを防止する効果もあります。





php.iniの設定


ロリポップではphp.iniの設定を編集することが可能です。ただし、完全に自由に変更できるというわけではなく、下の画像にあるように、あらかじめ決められた設定項目について、内容を変更できるという仕様になっています。




設定ファイルをいじっているうちに動かなくなってしまうという心配がないので、PHP初心者にも安心ですね。すぐに元に戻せるのがうれしいです。





まとめ



ロリポップではPHP5.6とPHP7.1が使えますが、PHP7.1の方が高速に動作しました。しかも、スタンダードプランではWordPressが高速になるモジュール版も使えますので、サイトが高速に表示されるようになります。



 ロリポップ!  (公式サイト)




このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事 

1.コアサーバーで独自ドメインを設定する方法
2.コアサーバーでSSHやsftp接続を行う方法
3.コアサーバーでSSHのコマンド操作ができるようにする方法
4.WEBプログラミングにおすすめの高速で安定したレンタルサーバー

▲ このページの上部へ戻る