IEEE1394端子をUSBに変換できる?IEEE1394ポートがない時の対応方法


最近、データ消去ソフトを使って外付けハードディスクを処分しようと思ったのですが、パソコンとの接続がIEEE1394を介して行う製品だったので、とても苦労しました。というのも、私が使っているノートパソコンはIEEE1394ポートが無いものだったからです。


外付けハードディスクのIEEE1394ポート



IEEE1394は以前はよく見かけたのですが、最近はほとんど見かけなくなってしまいました。最近のノートパソコンでIEEE1394ポートを搭載しているものは、まずありません。


ちょうどパソコンを買い替えたのですが、IEEE1394ポートがないことは全く気にも留めていませんでした。IEEE1394接続の外付けハードディスクはあまり使っていなかったこともあり、いざ使おうと思った時にパソコンに接続することができないので、「困った!」となってしまいました。外付けハードディスクが取り残されることになったというわけです。






IEEE1394をUSBに変換することはできない


どうやってこのIEEE1394接続の外付けハードディスクにアクセスしようかと考えたときに、最初に思いついたのが、IEEE1394をUSBに変換するということでした。USBはかなり万能選手です。有線LAN変換アダプターをUSBポートに挿すと、USB経由で有線LAN接続ができるようになるなど、アダプターを利用すれば、USBをいろいろ変換して接続できるようになります。


しかし、探せども探せども、IEEE1394端子をUSBに変換するアダプターはありません。アマゾンで探しても、ヤフオクで探しても、楽天で探しても見つかりませんでした。


よく調べると、IEEE1394をUSBに変換するものは存在しないとのことで、またしても困った!となってしまいました。



2010年を境にノートパソコンからIEEE1394ポートが消えた?


調べてみると、2010年を境にしてIEEE1394がノートパソコンに搭載されなくなっているように見えます。


実際、今私の手元には私の実家に埋もれていた2009年のDELL製のノートパソコンがありますが、これにはIEEE1394ポートが搭載されています。しかし、同じDELL製のノートパソコンでも、2010年になると搭載されなくなっています。そして、2017年製の最新のノートパソコンは、どのメーカーのものにも全く搭載されていません。つまり、2010年頃を境に、ノートパソコンからはIEEE1394ポートが搭載されなくなったと言えます。





今回、IEEE1394ポートで接続する外付けハードディスクへは、この写真の2009年製のDELLのノートパソコンを使うことで、何とかアクセスすることができました。


このノートパソコンは、ちょうど実家にあったのを見つけてもらってきたものです。もしこれがなければ、外付けHDDはどんなデータが入っているかも見ることもできずに、押入れの奥にしまわれる運命でした。




ノートPCにExpressCardを挿す方法


いろいろ探していると、ノートパソコンではExpressCardというPCカードを挿入して、IEEE1394接続ができるものがありました。下の画像のもので、製品名は「インターフェースボード IEEE1394 ExpressCard 34/54 1394A2-EC34」というものです。



ただ、最近のノートパソコンでは、PCカードを挿せるものはありません。少し前の製品なら搭載されている機種も多くあったのですが、最近のノートパソコンは薄型化、軽量化が進められていて、基板を大きく占有するPCカードは好まれません。実際、私が持っているノートパソコンはどれもPCカードスロットは搭載されていません。


つまり、私が持っているノートパソコンを使って、PCカードを挿入する方法は使えませんでした。




デスクトップPCならボードを挿すという手がある


一方でデスクトップPCなら、ボードを挿すという手が使えます。「玄人志向 STANDARDシリーズ PCI接続 LowProfiler対応 IEEE1394aポート(6ピン) 外部3ポート内部1ポート増設ボード 1394T-LPPCI」という製品名です。



デスクトップなら拡張性も高く、使い勝手が良さそうですね。ただ、私はデスクトップPCが手元にないので、残念ながらこの方法は使えませんでした。




昔のノートパソコンを手に入れるか、デスクトップPCにボードを挿すのが近道


もしIEEE1394を利用して接続する周辺機器をお持ちの方で、パソコンにIEEE1394ポートがなくて困っているという方は、中古のノートパソコンを購入するか、デスクトップPCを購入してボードを挿すのが一番確実です。具体的には、以下の3つの方法があります。


(1)中古のノートPCでIEEE1394ポートを搭載しているものを探す

(2)中古のノートPCでPCカードスロットを搭載しているものを探す

(3)デスクトップPCを購入して、ボードを挿す



IEEE1394ポートを搭載した中古パソコンはこちらから参照できます。

 IEEE1394ポート搭載の中古パソコン



次のような中古パソコンショップもよく利用されていますので一度参考にしてみてはいかがでしょうか。

 中古パソコンショップ ジャンクワールド


 【中古パソコンショップ Be-Stock】


このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る