ロリポップでSSLを無料で設定する方法




レンタルサーバーのロリポップでは、SSLを無料で導入することができるようになりました。とても簡単な手順で利用でき、10分ほどで完了します。ここでは、ロリポップでSSLを利用する際の方法をご紹介します。



設定手順


レンタルサーバーのロリポップでSSLを設定するためには、当然ながらドメインの登録が終わっていないといけません。まだの人は先に登録しておいてくださいね。


ロリポップで無料でSSLを設定する手順は、以下の通りになります。


(1)画面左のメニューから「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」を選択します。






(2)SSL保護されていないドメインのところに、現在登録されているドメインが表示されます。






(3)SSLを導入したいドメインにチェックを入れます。サブドメインごとに導入もできますし、サブドメインを含めたドメイン全体にも導入が可能です。
チェックを入れたら、「独自SSL(無料)を設定する」ボタンを押します。






(4)下の画像のように「SSL設定作業中」という表示に変わります。大体5分くらいで完了します。





(5)5分くらいのちにページを再読み込みすると、「SSLで保護されているドメイン」に表示されるようになります。「SSL保護有効」という表示に変わっています。これで設定は完了です。






(6)導入したドメインにアクセスしてみてください。その際に、「https://」をつけてアクセスすることを忘れないでください。

ブラウザのURL欄にに鍵マークが表示されていれば設定は正しく完了しています。

[Firefoxの場合]




[Edgeの場合]







https://で確実にアクセスできるように、.htaccessで301リダイレクトの設定をする


ロリポップでのSSLの導入はとても簡単ですよね。でも、「SSLの設定が終わってこれで一安心」と思わないでください。まだ、もう一つ仕事が残っています。


実は、SSLを導入して「https://~」でアクセスするとちゃんと表示されるのですが、「http://~」と非SSLでアクセスしてもページが表示されてしまいます。


これでは、https://の方にアクセスしてもらえない可能性が出てきてしまいます。そこで、常に「https://~」でアクセスしてもらうための設定を行います。


まず、メモ帳などを開いて、以下のものを記述してください。コピーペーストで大丈夫です。[R=301,L]の後に、必ず改行を入れるのを忘れないようにしてください。


RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]



これは、「http://~でアクセスがあってもhttps://の方にリダイレクトしてくださいね」、という設定になります。これがあることによって、すべてSSL化されたページにアクセスが切り替わります。


上の内容を記載したら、「.htaccess」というファイル名にして保存します。保存できない場合は、「.htaccess.txt」というようなファイル名にしていったん保存します。そして、FTPソフトでレンタルサーバーにアップロードし、ファイル名を「.htaccess」に変更します。


レンタルサーバーに.htaccessファイルをアップロードできたら、最後に.htaccessファイルのパーミッション(権限)を604(rw----r--)に設定します。


これで設定は完了です。


最後に、もう一度ブラウザのURL欄にhttp://~で始まるアドレスを入力したときに、https://~に切り替わることを確認してください。




まとめ


以前のロリポップはSSLの導入が限定的だったのですが、完全に無料で導入できるようになりました。とても便利になりました。追加料金もなく利用できるので、是非導入してみてください。


 ロリポップ!  (公式サイト)




このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事 

1.初心者に優しく安いロリポップ・レンタルサーバーのレビュー
2.ロリポップでWordPressをインストールする方法
3.WEBプログラミングにおすすめの高速で安定したレンタルサーバー


▲ このページの上部へ戻る