ホームページの独自ドメインを取得する方法


ホームページを作りたいと思った時に最初に必要になるのが、独自ドメインの取得です。「独自ドメインを取得するのって、なんだか難しそう」と思われる方も多いかもしれませんが、手続きはとっても簡単です。このページでは、ホームページを開設するときに必要な独自ドメインを取得する方法についてご紹介しています。


[このページの内容]




ドメイン取得サービスを利用する


ホームページの独自ドメインを取得するためには、ドメイン取得サービスを利用すると便利です。


とても簡単で、ドメインが取得可能かどうかを調べることができ、取得する場合は料金を支払い、そしてサービスによってはそのままレンタルサーバーへの登録までできてしまうところもあります。


このようなドメイン取得サービスには、以下のようなものが有名で、非常に多くのユーザーに利用されています。

お名前.com
ムームードメイン
バリュードメイン


このうち、今回はお名前.comでドメインの取得の仕方をご紹介します。




取得可能かを調べて、空いていればGETできる


まず、独自ドメインを取得したいと思っても、すでに誰かが使っている場合は取得できません。そのため、まずはドメインが取得可能かどうかを調べる必要があります。


幸い、ドメイン取得サービスでは、この辺りがとても使いやすくなっていて、空いているドメインを網羅的に調べて簡単に取得することができます。


たとえば、お名前.comでの調べ方をご紹介します。


1.お名前.comのトップページで、取得したいドメイン名を入力し、検索ボタンを押します。たとえば、「test-sample.com」というドメインを取りたい場合には、「test-sample」と入力します。





2.取得できるドメインの一覧が表示されます。.comや.net、.biz、.co.jpなどの代表的なドメインの空き状況が表示されるので、取得したいものにチェックを入れます。下の画像では、.com(test-sample.com)がすでに取得されていますので、.netや.jpなどの空いているものから選択します。どうしても.comのものが良い場合は、その名前の前後に数字や文字を足すなどすると、取得しやすくなります。





3.ドメインを選択すると、料金確認が表示されます。問題なければ料金確認画面に進みます。後は支払いをすれば、ドメインの取得が完了します。






.com、.netなど、どれがいい?


ドメインの空き状況を検索したときに、.comや.net、.jpなどいろいろな種類のものが出てきましたが、どれを取得したらいいか迷いませんでしたか?安ければどれでもいいや、と思ってしまいがちなのですが、実は下の表のように、ちょっとずつ違いがありますので、知っておくと便利です。


  対象
.com  個人・法人なら誰でも
.net
.biz
.info
.work
.xyz
.shop 制限はないが、お店、ショップなどが最適
.jp 日本国内に住む個人・法人
.org  非営利組織用だが、特に制限はない
.co.jp 法人



まず、.comは誰でも知っているドメインだと思います。世界中の70%のドメインは.comだともいわれていて、それくらい人気のドメインです。個人・法人問わず、誰でも取得可能です。


.netや.biz、.info、.xyzなども同じで、個人・法人問わずだれでも取得が可能です。


一方で.jpや.co.jpドメインは取得に制限があります。.jpは日本のドメインであることを表しているため、日本国内に連絡先がないと取得できません。.co.jpはさらに厳しく、法人しか取得できません。法人として登記されている必要があります。また、1法人につき1つという決まりがあります。


.orgは非営利組織が主に用いるためのドメインなのですが、実際は特に制限はありません。ただ、誤解を招くといけないので、非営利組織でない場合には取得しない方が無難です。


.shopや.workなどのドメインも基本的には誰でも取得できるのですが、shopという名前が示す通り、お店やショップを運営しているサイトにピッタリ合います。また、.workも誰でも取得可能ですが、仕事をイメージさせますので、何かしらビジネスのサイトが適していると思います。




費用はどれくらいかかる?


では、ドメインの費用はどれくらいかかってくるのでしょうか?ドメインの費用は、登録料と次年度以降の更新料とがあります。そして、ここでも.comや.jpなどのドメインで違いがあります。


ドメインの登録料と更新料は利用するサービスによって違いが若干ありますが、基本的にはどこも似たり寄ったりです。以下の表には、一般的な価格を掲載しています。

登録料(1年)  更新料(1年)
.com 1,160円 1,280円 
.net 1,280円 1,480円 
.biz 1,380円 1,480円
.info 1,380円 1,480円
.work 990円 990円
.xyz 1,480円 1,480円
.shop 3,980円 3,980円
.jp 2,840円 2,840円
.org  1,380円 1,480円
.co.jp 3,780円 3,780円


.comや.net、.biz、.infoなどよく使われているドメインは、登録料と更新料とで少しだけ差があり、更新料の方が少し高くなっています。長く運営をすることを考えている場合は、更新料が安いものを選択するとランニングコストを下げることができます。


.workが登録料、更新料ともに一番安いですが、どうしても仕事のイメージがつくので、個人的な用途の場合はあまり使えないかもしれませんね。


料金の面で見ると、人気のある.comは登録料・更新料ともにリーズナブルな価格になっています。


ドメインの価格というのはセールをやっていることあり、.comを1,000円以下で取得できる場合もあります。上記の値段はセールをしていないときの通常価格ということをご承知ください。




whois公開の有無を考える


独自ドメインを取得する場合は、そのドメインの持ち主が誰のものかということを公開する必要があります。それがwhois情報というものです。


「個人の名前を出すのは嫌だな」と思われる方が多いと思います。でも、安心してください。通常は、個人情報を公開する必要は全くなく、ドメイン取得サービスを運営する会社の情報を代理で使用することができます。


しかし、取得するドメインによっては、個人の名前を公開しなければならないものもあります。以下の表にまとめましたので、ご確認ください。



whois公開の有無
.com  なし
(代理公開できるので、プライバシーが守られる)
.net
.biz
.info
.work
.xyz
.shop
.org
.jp あり
(代理公開は不可)
.co.jp



.jpがつくドメインは、代理公開できませんので、個人の名前を公開する必要があります。


それ以外の.comや.netのドメインであればプライバシーが守られますので、安心して取得できます。





ドメインごとの対象や費用、whois公開の有無まとめ



以上、ドメインの取得対象と料金、whois公開の有無について説明したきたものを再度1つの表にしてまとめてみます。


対象 登録料(1年)  更新料(1年)  whois公開の有無
.com 個人・法人なら誰でも  1,160円 1,280円   なし
(代理公開できるので、プライバシーが守られる) 
.net 1,280円 1,480円 
.biz 1,380円 1,480円
.info 1,380円 1,480円
.work 990円 990円
.xyz 1,480円 1,480円
.shop 制限はないが、お店、ショップなどが最適 3,980円 3,980円
.org  非営利組織用だが、特に制限はない 1,380円 1,480円
.jp 日本国内に住む個人・法人 2,840円 2,840円  あり
(代理公開は不可)
.co.jp 法人 3,780円 3,780円



これらを総合的に考えて独自ドメインを取得すれば良いです。


個人的な意見としては、結局のところ、やっぱり.comドメインが便利かなと思います。知名度がある分安心感もありますし、料金もリーズナブルです。whois公開もしないですむのでプライバシーも守れます。





おすすめのドメイン取得サービス


独自ドメインの取得方法を理解できたところで、おすすめのドメイン取得サービスをご紹介します。どれも、とてもユーザーが多くて人気のドメイン取得サービスです。


お名前.com


運営会社
GMOインターネット株式会社

登録数1,600万件突破の国内最大手
セールも多く、安価に取得できる
レンタルサーバーとの連携も簡単
レンタルサーバーとの同時申し込みで、ドメイン代が1円、サーバーの初期費用が無料に!

 お名前.com





ムームードメイン


運営会社
ペパポ株式会社
登録数380万件以上でユーザー数が多い
人気レンタルサーバーのロリポップとの連携がとても簡単
セールが多く、安価にドメインを入手できる
レンタルサーバーとの同時申し込みで、レンタルサーバーの初期費用が無料に!

 ムームードメイン




バリュードメイン


運営会社
GMOデジロック株式会社
初心者にも優しい管理画面
ダイナミックDNSなど、上級者向けの設定も可能
SSL証明書の購入が可能
バリューサーバー、コアサーバーなどのれんたるサーバーとの連携が簡単
Webサイト改ざんのリスクを予測するSiteLock(サイトロック)機能を利用できる

 ドメイン総合サービス【VALUE-DOMAIN】






このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事 

1.PHP、WordPressが高速なさくらインターネット・レンタルサーバーのレビュー
2.初心者に優しく安いロリポップ・レンタルサーバーのレビュー


▲ このページの上部へ戻る